記事一覧

なぜ、メイポールに魅せられているか?

ひょんなことから、ある方からこんなご質問がありました。「いつかお聞きしたいなと思っていたのですが、ヴェトモン キャップ コピー林檎の畑の中で1番好きな木ってありますか?もしあるならば、その理由を聞きたいなと思っていました。」

嬉しかったですね。このご質問の主は、とある若きアーティストさん。なぜ、こんなご質問が飛んでくるのか・・・?ご縁の不思議も感じました。

私は「ふ~む」、グッチ バッグ コピーと改めて考えこみました。
で、インスピレーションでしかなかったメイポールとの出会いをもう一度頭の中で整理してみました。
以下、その答えです。

=====ここから===============>
メイポールは日本ではりんごの木であって、りんごではない?
りんご畑にあって主役ではない。
もともとはクラブアップルと言われ、日本では受粉樹(特にふじとの相性がよい)である。
基本的に実をつけることを許されず、毎年花を咲かせることだけが使命。
花が終われば、摘花、そして間違って実を結べば摘果される。
が、今ではりんごの受粉の方法も進化し、メイポールは忘れ去られようとしている受粉樹でもある。
りんごの木として決して美しい樹形ではないが、他のりんごの木の邪魔にはならない。
他のりんごの木が横に枝を伸ばす樹形に対して、メイポールは上へ上へと枝を伸ばすので、その樹形からバレリーナツリーと言われている。
メイポールの名の由来は多分ヨーロッパ北欧の夏至祭や、春を喜ぶマイバイム祭に広場に高く立てられるメイポールに由来すると思われる。
花は濃紅色。実は小さく果肉も赤い。味は極めて酸味が強い。
果肉の赤い色づきは種と皮のまわりから色づいていく。
春一番にりんご畑に花を咲かせ、秋一番にりんごがなる。いわゆる早生の品種と言える。

私は震災後のりんご畑にこのメイポールを見たとき、りんごの花の海に灯る灯台のように思えた。
またその樹形から、空へ空へと腕を伸ばし爪先立ちして踊る、まさにバレリーナのようにも感じた。
そして、これがりんごでありがながら、りんごとしてだれも見向きもしていないことになぜか心惹かれた。
気難しい風変りなりんごの木である。そして異才なりんごである。
<=========ここまで======

これが、今の段階でのまとめです。
が、行間にあふれる想いはまだまだあります。
ぜひ行間読みしていただきたい。
「行間読み」ってご存知ないかしらん?
いわゆる想像力を働かせて・・・ですね(笑)

改めて、想いを整理する、良いきっかけをいただいたと感謝しております。

北国を行くりんごの森

ファイル 92-1.jpgファイル 92-2.jpg

2014秋りんごの森に向けて、新しい出会いを求めて、旅しました。一気には変わりませんが、一つずつよりグレードを上げていくべく、旅です。
そして、その旅へ向かう当日、遠い実家の母はそっとひな人形を飾って見送ってくれました。今度いつ帰れるかわかりません。母は、ふと思い立って「あなたに見せてあげたかった」と、一人で飾り始めてました。懐かしいひな人形です。宮城県沖地震で人形ケースは壊れました。それ以来、手作りの雛壇を重ねて飾るのが実家流。久しぶりに母と一緒に一体一体飾りました。
母の気持ちを胸に、電車を乗り継ぎトンネルを超えて、新しい出会いへ向かいました。そこで待っていたのは、これまた美しい夕日と一面の雪景色。そして温かく穏やかの人が待っていてくれました。はじめまして。よろしくお願いいたします。

勇気をもらう

ソチオリンピックの日本選手の姿から、 グッチ 財布 コピーどれだけ私たちは勇気をもらうことだろう。
スポーツはストレートに実力を試される。
オリンピックという世界の檜舞台で、それが花開くこともあるし、悔しい涙となることもある。運も不運もある。そして、どの選手にもドラマがある。そしてどんな栄光の基にも、そこまでの積み重ねがある。本人の努力はもちろんであるけど、そこまでの無数のアスリート達が歩んできた道の積み重ねもあるのです。グッチ スマホケース コピー無数の汗と涙と努力とパワーの礎があるのです。
そして、アスリートを支える目に見えない無数のサポートがあるのです。
だから、私たちは、今この感動と歓びを、勇気として受け取れるのでしょうね。
だれもが一体となって歓びも悔しさも共有できる。
その想いが、また新しい歴史への一歩、礎となるのです。
それは細胞のDNA、精神のDNA、心のDNAとして受け継がれていくのですね。

寒中のお見舞い

ファイル 94-1.jpg

お年賀できなかった方々へ

木と祈りの場

ファイル 90-1.jpg

とある展覧会で日本に現存する木造の教会を知りました。今度ぜひ現地に赴き訪れたいと思いました。祈りの場はその風土とそこで生きた人々の中にこそ存在するのだと、この教会は教えてくれます。
そして私は、こういう建物の中で祈ることに憧れのようなものを感じます。
この木造の教会を設計した方は日本の著名な建築家です。この教会はその方のごく初期の作品です。その場所が奇しくも日本の繁栄の下に埋もれた土地だったゆえに、今までメディアで取り上げられることはありませんでしたし、どういういきさつでこの教会の設計を依頼されたか・・・もよくわかっていないそうです。私は不勉強でこの歴史について今までよく考えたことはなかったのですが・・・・日本という国が何を大切にしていかなければならないのか・・・と、ふと思いました。

14番目の月

ファイル 89-1.jpg

今日14番目の月の日に、グッチ キャップ コピー我が家の小さな命がこと切れました。我が家にやってきたのは2年前のお祭りの晩でした。金魚なのかめだかなのかわからない風変わりな変な奴でした。我が家にきて2年と7か月、最年長の子でした。命あるものは必ずこういう瞬間を迎えるわかってはいるのですが、いつまでたってもこの時に慣れません。こと切れたことを知る前、仕事の帰り道に偶然上ったばかりの14番目の月を街路樹の間から眺めました。ステラマッカートニー 財布コピーこの冬一番の冷え込みで雪もちらつくと思われたどんよりした今日の空に、白いはかなげに透けるような月が上りました。
明日は今年一番小さく見える満月だとか。月が一番地球から遠い道を通るのだそうです。

凛とした一日

ファイル 88-1.jpgファイル 88-2.jpgファイル 88-3.jpg

寒さは苦手です。
が、冷たい空気は好きです。
行く年をしみじみ想い、新しい年を凛と迎えるのは、どんな瞬間でしょう。
木枯らしの中で冬を告げるように咲くダイヤモンドリリー、まるで妖精の冠のようです。
寒い夜空に瞬く光のペイジェント、嫌なことも悲しい事も何もかもを包み込み、夢の扉が開かれたようです。
そして新雪が積もった朝、ここから新しい一歩を歩んで行こうと思わせてくれるようです。

背を丸めて縮こまった歩き方にふと恥ずかしさを感じたりします。新鮮な凛とした冷たい空気は、忘れかけていた何かを私にピシッと教えてくれるようです。

メイポールのクリスマス

ファイル 87-1.jpg

かわいいんですよ。小さくて。でも味はパンチがあるんです。メイポールはバレリーナツリーと呼ばれます。りんご畑でつま先立ちして両手を空に向け踊るバレリーナのようです。春は白いりんごの花の海に灯る灯台のように濃紅色の花をさかせます。秋には小さな小さなりんごたちが枝枝にお尻をこっちに向けて実ります。冬には、まるでりんご畑のクリスマスツリー。。背高のっぼです。
が、このりんごは、春花を咲かせた後は、ほとんどその花を摘まれてしまいます。受粉のために植えられているりんごだからです。このりんごに、UCHICOLORはすっかり魅了されてしまったのです。今日はいただいた小さな手作りの真っ白なかごにかわいく盛り付けられたメイポールでクリスマスです。ふるさと岩手はホワイトクリスマスだそうです。今、メールいただきました。

サンタになってね

ファイル 85-1.jpg

今年のクリスマスは、どんな過ごし方をなさいますか?
ラジオから流れる歌をききながら・・・なんていかがでしょう?
私たちの青春時代はラジオ・・・だったような。
キラキラのゴージャスなディナーもいいけれど、ラジオから聞こえるクリスマスソングを口ずさみ、ラジオでつながる気持ちにほっこりと心を温めて過ごすのもいいものですよ。
サンタになって飛んで行ってね。りんごの森!いってらっしゃい!!
全国からの想いを乗せてね。
岩手のみなさん、明日の正午から生放送です。

お里帰りで、りんごの森

ファイル 84-1.jpg

昨日無事に、りんごの森を、岩手へ配送して参りました。りんごの森が生まれたふるさと岩手へ送ってきたところです。りんごの森とミュージックの初コラボです。
歌好きの代表にとっては、この上ない喜びのようです。
12月24日正午から24時間生放送で、今年で36回を迎えるIBC岩手放送ラジオ・チャリティー・ミュージックソンへクリスマスプレゼントとしての旅立ちです。
しかも今年は三陸特設スタジオが設置される陸前高田市の細根沢仮説住宅の集会所へ運んでいただきます。
先月一晩お世話になった陸前高田のみなさんに、どうかどうか温かいクリスマスが舞い降りますように。
あの晩見上げた星空が忘れられません。
東京はこの時期、人工的なキラキラでいっぱいです。
が、本物の降るような星空は、まさに天使が降りてくるようです。