記事一覧

瓦礫を活かす森の長城プロジェクト

ファイル 32-1.jpg

尊敬する宮脇昭先生の「いのちを守る森づくり」プロジェクトに基づいて、5月25日財団として立ち上がったそうです。
嬉しいです。
震災直後から、宮脇先生はがれきを使って、自然の堤防をつくろうと新聞などでおっしゃっていらっしゃいました。が、そのためには、行政・法的なレベルでいろいろ解決しなければならないことがあるとおっしゃってましたが、やっとこういう形で実現されるのは、とても嬉しい限りです。

コメント一覧

mikiko (06/16 02:18) 編集・削除

2010年9月23日 横浜市教育会館 「いのちを守る森づくり」40 年記念シンポジウム に参加しました。

きこ (06/18 09:04) 編集・削除

「りんごの森」という命名をした想いのひとつが、この「いのちを守る森づくり」の「森」の一字でもあります。

ありがあとうございます。

ファイル 31-1.jpgファイル 31-2.jpg

今日、東京の私の住む下町では、お祭りがありました。ドジな私はうっかり、その境内で財布を落としてしまったようなのです。
というのは、境内に復興の折鶴を折るコーナーがあって、連れ合いが鶴のおり方忘れたらしく、一緒になって折っていたんですね。
そうしましたら、ふと見上げた所に岩手護国神社に24年4月にそれらの折鶴が送られている写真があったのです。いわゆる盛岡の八幡神社です。昨年からこの境内では、よく折鶴を折って、神楽殿に飾っておりました。震災後からずっと続いておりました。それは知っていたのですが・・・それがまさか、岩手県に送られているとは・・・今日初めて知ったのです。慌てて、バックからカメラやら取り出し写真を撮っていたので・・・多分その時落としたのでしょうね。
それから境内の屋台を呑気に眺め、つい、金魚すくいの中にメダカが一匹まぎれているのに目がとまり、おじさんにメダカとってもらい、お金払おうとして、財布がないことに気づきました。ありゃありゃです。とにかく神社のお隣が交番ですので、そこに訊ねると・・・なんと私の財布が今まさに届けられていたのであります。届けて下さった方は横浜からいらっしゃったという若いお兄さん、彼女がこのご近所だとか・・・本当にありがとうございました。手続きにも長いことおつきあいいただきました。カードとか諸々入っていたので、助かりました。
4年に一度の大祭のこの日、一生忘れられない佳き日となりました。
お二人の上に幸せが舞い降りますように。お名前もわかりません。ご親切なお二人に感謝です。

コメント一覧

mikiko (06/16 03:17) 編集・削除

2011年が3年に一度の大祭の年でしたが、震災で例際だけおこなったそうです。
で、今年大祭4年ぶりの開催でした。
震災直後から、神社の境内ではいつもテントが張られ折り紙とメッセージを書くペンが常設されています。
岩手県の護国神社(盛岡八幡宮)宮城県の東照宮と護国神社(青葉城)にそれぞれ送られているそうです。ここ素盞雄(スサノオ)神社は、奥の細道の始まりの地・・・千住大橋は、松尾芭蕉の矢立はじめの地となっております。芭蕉庵はここより隅田川をもう少し下った清州橋近くにあります。船で千住までのぼり、旧日光街道(現在の国道4号線)を奥の細道へと旅立ったそうです。それも縁でしょうか?

りんごの森がご縁でまた新しい出会いです。

ファイル 30-1.jpg

昨年、りんごの森をご注文いただきましたお客様から、なかなかお宅に合う小ぶりのテーブルと椅子が見つからなくて・・・とご相談を受けました。
それで、前々からすてきな木工作家さんだと思っていた岩手のおりつめ木工さんをご紹介いたしました。
本日そのテーブルと椅子が千葉のお客様の元に届いたとご連絡いただきました。
無垢の木の香りもすてきで、優しい出来栄えに大変満足なさっていると感謝のお言葉。
ご病気のお母様とお二人暮らしのお客様です。
お二人の幸せそうな顔が浮かびます。
おりつめ木工さん、ありがとうございました。
私まで、幸せのおすそ分けいただいたようで、嬉しいです。
UCHICOLORのリンクにもバナーありますが、
おりつめ木工さんのホームページです

http://www.chukichi.jp/

メイポールで広がる輪

今日また嬉しい出会いがありました。
メイポールを植えていらっしゃるある果樹園様から、「震災復興にお役立てしていただけるのでしたら協力、提供したいと思います。」とのメッセージをいただきました。
嬉しいです。
先日も、「今年は実をならしてみようかと思います」とおっしゃっていただたい果樹園様で、満開のメーポールの花の写真を撮らせていただけました。
UCHICOLOR「りんごの森」2年目の試みですが、メイポールで広がる人との出会いに、心から感謝しております。

満開のメイポール

ファイル 28-1.jpgファイル 28-3.jpg

今年新たにご協力いただける生産者の方の果樹園で撮影させていただきました。
生産者の方が丹精込めている果樹園はみごとで、メイポールもまるで私を待っていてくれたかのように、満開でした。「今年からよろしくね」と木に語りかけてきました。

翼をください

先日訪問した小学校の音楽朝会で、この「翼をください」という歌を子供達の合唱で聴く機会がありました。
歌詞が大きい紙に書かれていました。
思わず懐かしく、一緒に歌いました。
今の時代にも歌われる、名曲なんだなと。
子供達の歌声に、パワーをもらいました。
いいものですね、学校で子供達の歌声を聴くのは。
感動しました。


今わたしの願いごとが
かなうならば
翼がほしい
この背中に鳥のように
白い翼
つけて下さい

*
この青空に翼をひろげ
飛んでゆきたいよ
悲しみのない自由な空へ
翼はためかせゆきたい


今 富とか名誉ならば
いらないけど
翼がほしい
子供のとき夢見たこと
今も同じ
夢に見ている

*くりかえし

コメント一覧

かもったん (05/13 09:48) 編集・削除

作詞/山上路夫
作曲/村井邦彦
翼をください
ですね。
一番とサビの部分くらは知ってましたが・・・
二番の歌詞がこうだったなんて・・・知りませんでした。

今 富とか名誉ならば
いらないけど
翼がほしい
子供のとき夢見たこと
今も同じ
夢に見ている

心にしみますね。確かに。

ひさ (05/14 10:27) 編集・削除

あなたがしていること・・・富とか名誉のためにやっていることではないから、みんなが応援してくれるんでしょうね?感謝しなさい。

メイポールが咲きそうです

ファイル 26-1.jpg

今年もメイポールの花が咲きそうです。
連休に撮影挿せていただいた時は赤い蕾がぎっしりと。
連休明けたら、咲きそうですが・・・
仕事が詰まっていて11日まで伺えません。
今年もけなげに、リンゴ畑の隅っこで赤い花さかせてくれることでしょう。

大地の祈り

ファイル 25-1.jpg

5月13日まで福島県須賀川市立博物館で行われている「復興への息吹き 大地への祈り 五十嵐二朗・小泉智英二人展」へ参りました。
ギャラリーマスガにても、同時に両氏の作品が拝見できます。
五十嵐二朗先生らしい「ふるさと遠きにありておもうもの」精神かと・・・僭越ながら。。。
感動し拝見させていただきました。

コメント一覧

きこ (05/04 20:59) 編集・削除

五十嵐二朗先生の絵の大ファンです。
誠実・温厚なお人柄そのものです。
日本の第一人者でありながら、声高にアピールすることをなさらず、さりげなく、飄々とこのような形で復興へ心砕いていらっしゃるお姿に、心から感銘いたします。

masu (05/06 09:58) 編集・削除

五十嵐二朗氏の故郷でまさかこのような出逢い、ご縁に恵まれるとは思っておりませんでした。
古き良き友人としてこれからも末永く氏の画業を見つめ続けていくつもりです。
健康にだけはご配慮下さいますように。

本格的に始動開始です。

連休の谷間の平日2日間をフル活用して、昨年の御礼と、今年のUCHICOLORの活動をアピールするために、各関係機間、関係者を訪問して回っております。
多くの方々とお話していると、またパワーが満ちてくるような気持ちがしています。「さあこれから、本格的に、行くぞ!」と。
UCHICOLORは、多くの方々に支えられていることを、改めて感じております。嬉しい限りです。

今年も寄付活動は継続させていただきます。
りんごの森を愛して下さる方がいる限り、UCHICOLORの活動にご賛同いただける方がいる限り、です。

私は一人ではありません。
感謝です。

コメント一覧

mikiko (05/04 08:59) 編集・削除

29日、30日には、昨年お世話になったメイポール生産者の方々とお久しぶりにお会いしました。今年もご協力いただけるとのこと、心強いです。
1日には、岩手県庁流通課へ昨年の御礼とご挨拶へ。
また、岩手県果樹協会のメンバーの果樹園へ表敬訪問。県の農業センター果樹研究室長へご挨拶。
2日には、盛岡で「りんごの森」の活動に深くご賛同いただいた団体への表敬訪問。昨年「りんごの森」製造会社への御礼と今年の搾汁予約&打ち合わせ。昨年の「りんごの森」のパンフレット製作者へのご挨拶。
本当はこの日もう一件、宮城県農業・園芸総合研究所の園芸部長さんとのアポをお取りしておりましたが、部長様のご家族のご病気悪化で、急遽次回でとなりました。また、昨年大変お世話になりました岩手県工業技術センター食品醸造技術部長様も事前アポの段階で当日不在とのことで、次回でということになりました。
とても有意義な4日間で、いよいよ、今年もと心引き締まる思いです。

みちのくの春

いよいよ連休が始まります。
東京は若葉の季節。さつき、つつじが咲き出しましたね。
連休は、北東北の桜が見ごろでしょうか。
あの盛岡の石割桜は咲いているでしょうか?
三春の滝桜も見ごろとか・・・一度訪れてみたいところの一つです。さて、今年は行けるかな?
楽しみです。
みちのくの春は、懐かしく、優しく、力強いと感じます。

連休過ぎると、また現実に追われる日々。
ここいらで、疲れた心や体を労わりましょう。
全て「ぼちぼちいこか」というところです。
そしてまた一つ階段を登りましょう。
きっと見える景色も少し違ってくることでしょう。